帽子の裏側に仕込んでこっそりハゲ治療にハゲめるデバイス

先日の育毛機器の話題であるが、

この育毛機器は「帽子の裏側に仕込んでこっそりハゲ治療にハゲめるデバイス」である。

かつては、薄毛ハゲなど全然、たぶんあまり気にしない時代もあったろうが

今現代は薄毛ハゲは、チビ・デブ・ハゲというように侮蔑の言葉である。

フォーラムにも書いたが、有名芸能人がハゲをバカにして笑いをとり、ハゲを小バカにした日本文化を確立しやがった。

今のパラリンピックの選手を小バカにするのと同じことがわからんのか。

( ここではこのくらいにする。 )

「裏側に仕込んでこっそり」この言葉からも、ハゲが はずかしいことを 心情的に示している。

ハゲを小バカにした日本文化である。

嘆かわしいい。

育毛機器の性能も日進月歩「ウェアラブル育毛デバイス」

育毛機器の性能も日進月歩。

ピカキチの世代では、頭に巻くバンド状のものがあったりした。

ついに頭にかぶるだけでハゲを治せる「ウェアラブル育毛デバイス」が登場 – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190924-electric-tech-reverse-baldness/

今回のニュースではもっと小型されていて、チップ状で帽子をかぶっているだけで、外見からはわからない。

内緒で育毛か!?